包茎治療体験記

包茎を直すために、ぜひ参考にしてみてください。
Home » Page 6

人には相談しにくい包茎の話

誰にでも悩みの一つや二つはあると思います。
ですが、なかなか人には相談しにくい悩みというものありますよね。
その代表的なものが、「包茎」であるとわたしは思います。
なぜなら、わたしもこの包茎にずっと人知れず悩んできたからです。
男性にとって、この包茎はとても深刻な悩みなのです。
この包茎のせいで、男性としての自信がもてずに恋愛にも消極的になっていました。
しかし、この包茎は手術すれば治すことが出来るという事を知ったのです。
人には絶対に見られたくない部分を病院で医師や看護師に見せなければならないのは、
最初はとても抵抗がありました。
病院に行く決心がつくまでには、かなりの時間がかかってしまいましたね。
ですが、向こうは専門家なので恥ずかしがる必要は全くないのです。
思い切って病院に行って医師に相談できたことで、希望が見えてきましたよ。
悩んでいる方は、一人で深刻に悩まずに勇気を出して医師に相談してみることをおすすめします。

人には相談しにくい包茎の話 はコメントを受け付けていません。

友人の包茎の体験談について

皆さんは包茎に悩まれていますか?包茎は基本的には大丈夫なのですが、場合によっては放置しておくと大変な事になります。
どう大変かといいますと、男性性器の仕組みとして皮が出ていたら、黴菌が外に出ていくのですが、皮で覆われていたらそこに黴菌が溜まってしまい、最悪、相手の女性を傷つけることになるのです。
今回は友人の包茎の体験談について述べていこうと思います。
友人の話によりますと、手術で心配したのは痛みだったというのですが、実際には痛みはほとんどなかったというのです。
そして、痛みはといいますとあまりなくてすぐに体を動かすことが出来たというのです。
以上が体験談ですが、やはり、恥ずかしい部分ですから悩んでしまっても、局部を見せるのはいやかもしれませんが、しっかりと相談することは大切と言えるのです。
さて、皆さんも少しでも不安に感じられたら、すぐに医者の方と相談して、問題解決をすることをお勧めしたいと思います。

友人の包茎の体験談について はコメントを受け付けていません。

仮性包茎は覚悟が必要

男性の悩みのコンプレックスのひとつ、包茎。
包茎には大きく分けて、2つのタイプがあります。
一つは「真性包茎」、もう一つは、「仮性包茎」です。
真性包茎は、皮が完全に亀頭を覆ってしまっている状態で、勃起しても皮に覆われてしまっている状態です。
病気を持っている場合も多く、手術等で治療するのが一般的です。
一方、仮性包茎は、普段は皮に覆われていますが、自分で皮を反転して、亀頭を表に出すことができます。
また、勃起した時も亀頭が表に表れることが多いです。
何を隠そう、私も仮性包茎です。
中2ぐらいまで、亀頭が完全に皮に覆われていて、ある雑誌とかで、包茎のことを知りました。
自分で、亀頭を表に出す方法があるとのことで、
早速試してみましたが、最初は、亀頭がパンツに触れる毎に激痛が走りました。
雑誌には慣れるまで、しばらく時間がかかると書いてありました。
おかげで、数週間後、亀頭を表に出した状態でも平気になりました。
しかし、あの試練は今でも忘れません。
恥ずかしいやら痛いやら、複雑な数週間でした。

仮性包茎は覚悟が必要 はコメントを受け付けていません。