包茎治療体験記

包茎を直すために、ぜひ参考にしてみてください。
Home » Page 2

3年間、続いたつらい包茎の体験談

包茎は、男子特有、それも思春期の男性独特の疾患ですね。
性器の皮がかぶったままで、ちんちくりんの状態をさします。
男性全員が、ある年齢になると その状態になるかというと、そうではなくて20人に1人か、30人に1人の割合で、発生します。
包茎ボーイが、肩身の狭い思いをするのは、その自分以外の19人、29人との比較を知らない間にしてしまうからなのです。
ある意味、ニキビとか、体毛とか同じで、そのもの自体がおかしいというのではなくて、他の人との比較が、自然と行われます。
「私のものは、普通の人と違う…」
そこから自然に起きてくる劣等感が、少年達を集団行動からはなれさせ、元気のない人間に変えてゆきます。
私の知り合いに包茎の友達がいますが、ある時期、我々と一緒に遊ぶことを避けるし、泳ぎにも行かなくなったし、ましてや風呂に入る機会がある旅行などには絶対に行かなくなりました。
そういう時期が、3年続いてまた、彼が帰ってきました。
手術をして、性器が普通の形になって吹っ切れたようでした。
「3年間は、ずっと嫌な思いをしてくらしてきた」と彼は体験談を語ってくれました。
もし、今 この疾患で悩んでいる人が、いたらすぐに 手術をして、他人にとっては気にならない、しかし本人にとっては深刻な悩みから、完全脱皮しましょう。
もの凄く簡単なことです。

3年間、続いたつらい包茎の体験談 はコメントを受け付けていません。

手術を経験しました

サラリーマン2年目、取引の女の子と付き合うようになり、彼女と一泊旅行をしたのでした。
自分としてはゾッコン惚れてしまった彼女のなので、泊まるホテルも高級感のあるところと決めていたのです。
そこは、部屋に露天風呂が付いていて、そこからの眺めが最高と謳ったホテルでもあったのです。
念願かなって、彼女と一緒にお風呂に入ったのです。
すると彼女、私のイチモツを見て「可愛い、子供みたい!」と言って無邪気に弄びはじめたのです。
本来なら素直に喜べるところかも知れませんが、包茎で自信がない私にとって、かなりの屈辱でもあったのです。
そんな彼女とは急に興ざめしてしまい、付き合いも上手く行かなくなってしまったのです。
それは、私の心、考え方に問題があると判っているのですが、どこか見下された感じが残ってしまったのです。
結局は、そのまま別れてしまったのですが、その別れを経緯として病院に行ったのです。
ここで包茎の治療をしておくことで、二度と同じ目に遭わないようにしておくことにしたのです。

手術を経験しました はコメントを受け付けていません。

包茎の体験談を語るべき相手とは

男性にとって性器の悩みは深刻で、それが人生そのものに作用してくる場合もあります。
私もかつてある女性と付き合っている時に、亀頭の異常について指摘され、深く悩んだことがありました。
包茎の体験談を誰かに話すとほっとすることができるのは私自信が実証済みです。
悩んでいた時に泌尿器科のお医者さんに相談にのってもらい、すべてを打ち明けて適切なアドバイスを受けた結果、心の平安を得ることができたのです。
日本人男性の性器はほぼ亀頭が皮をかぶっている仮性の状態であり、危険性が低い包茎と聞いています。
これが真性やカントンといった状態になった時はきちんと医師の診察を受けて、速やかに手術をする必要があるわけです。
専門のクリニックでの措置は早ければ早いほど効果が現れやすくなっています。
悩んでいる人は一人で抱え込まず、速やかに専門の医師に相談し、これからどうすればいいかを検討するのが一番いい方法です。
今は優秀な医師とクリニックがありますので、速やかに措置を受けることができます。

包茎の体験談を語るべき相手とは はコメントを受け付けていません。