包茎治療体験記

包茎を直すために、ぜひ参考にしてみてください。
Home » Archive by category '苦労したこと' (Page 2)

僕のジレンマは包茎から。

結婚するまではいろんな女性とお付き合いしてみたい。
男だったら誰だってそう思うことでしょう。
僕はそう思ってました。
それは別に遊びたいから、とかそんなのじゃなく、
いろんな人と真剣にお付き合いしてからじゃないと、結婚生活がだめになると嫌だなって思っていたんです。
結婚を前提にした大人のお付き合いってなると、どうしても肉体関係にまで発展することになるんですが、
僕の場合は包茎という事情があり、今までそういった行為を意図的に避けていた部分がありました。
当然、彼女のほうもいざそういうムードになったときに僕が拒否反応を示すものだから、
今考えると僕の愛情に疑いを持っていたのだと思います。
そこでようやく決心したのが包茎の手術だったんです。
不安もありましたが、病院の先生に相談して手術が決定し、今では術後の生活を楽しみにしています。
これで心置きなく女性と大人のお付き合いができ、僕の婚活も成功するのでしょう(笑)
包茎手術前の僕の体験談でした。

僕のジレンマは包茎から。 はコメントを受け付けていません。

包茎であることの精神的な苦痛

日常生活をしていく上で包茎であることは大きな障害ではありません。
万一人に見られるとしても公衆トイレにでも入った時でしょうか。
それでもまじまじと人のペニスを見る人はいないでしょう。
ですので一人で生活していく分には大きな障害はありません。
ましてや仮性包茎であればなおさらです。
包茎の人は不潔になりがちだと言われていますが毎日お風呂に入って良く洗っていればカスもたまらないですし臭いだってしません。
ただ問題は恋人が出来たときです。
恋人が出来たばかりの時は会って話しをしたりして時間を過ごせばそれだけでも楽しいのですが、
時間を重ねて親密になっていく内にやがて体の関係になっていくのは自然の成り行きでしょう。
ただそうなる時に包茎のままですと気まずさや恥ずかしさを覚えるようになり、
精神的にかなり苦痛になります。
そしてなかなか一歩が踏み込めません。
自分は包茎だと言うのも良いでしょうが初めてのセックスに向けて盛り上がっている最中にその様な事は言えません。
かといってセックスの際に包茎であることを伝えることも包茎のペニスを見られるのも精神的に負担が大きく苦痛です。
こうやって悩んでいるよりもきちんと包茎手術を受けて早く精神的な悩みから解放された方が絶対に楽です。

包茎であることの精神的な苦痛 はコメントを受け付けていません。

人には相談しにくい包茎の話

誰にでも悩みの一つや二つはあると思います。
ですが、なかなか人には相談しにくい悩みというものありますよね。
その代表的なものが、「包茎」であるとわたしは思います。
なぜなら、わたしもこの包茎にずっと人知れず悩んできたからです。
男性にとって、この包茎はとても深刻な悩みなのです。
この包茎のせいで、男性としての自信がもてずに恋愛にも消極的になっていました。
しかし、この包茎は手術すれば治すことが出来るという事を知ったのです。
人には絶対に見られたくない部分を病院で医師や看護師に見せなければならないのは、
最初はとても抵抗がありました。
病院に行く決心がつくまでには、かなりの時間がかかってしまいましたね。
ですが、向こうは専門家なので恥ずかしがる必要は全くないのです。
思い切って病院に行って医師に相談できたことで、希望が見えてきましたよ。
悩んでいる方は、一人で深刻に悩まずに勇気を出して医師に相談してみることをおすすめします。

人には相談しにくい包茎の話 はコメントを受け付けていません。